おじいちゃんの畳(2016年9月26日)

 

 弊社・中村畳工業は私で5代目。

 ということで当然ですが、私のおじいちゃんが3代目。

 おじいちゃんは、私が小6のときに他界しておりますが、

 そのおじいちゃんの時代の畳にたまに出くわします。

 

 今日持ち帰らせていただいたO様邸の畳もその頃のもの。

 たぶん50~60年ぐらい前かな。

 これを表替え作業(床部分は再使用し、上の畳表部分を

 新しいものに取り替える)します。

 

 おじいちゃんの畳は裏に、「筆」で漢数字?記号?と、

 おじいちゃん120160926

 

 絵?記号?のようなものを書いていました。

 おじいちゃん220160926

 

 これが座板にも同じように書いてあり、どこの位置の畳か

 分かるようにしてあるということです。

 

 そして、写真では分かりづらいかもしれませんが、

 縁の縫い(平刺し)も、それの返し縫いも非常に細かく縫ってあります。

 おじいちゃん320160926

 

 畳床の端(框)には板が入っており、畳表は今ではほとんどみない

 中継ぎの表です。

 

 おじいちゃん620160926

 

 そして床(台部分)は、かなり藁が積んでおり、相当重いです。

 当時かなり高級の部類に入る畳だったと推測されます。

 

 おじいちゃんの腕前には、当然追いついてないと思いますが、

 気持ちを込めながら、表替え作業を進めました。

 

 おじいちゃん420160926

 

 いい畳に仕上がったと思います。

 こうして畳は、少しづつ生まれ変わりながら、後世にに引き継がれていく、

 これこそ畳の素晴らしさ、畳屋冥利に尽きることだなぁ、と改めて感じます。

 木曜に納品予定です。大変ありがとうございました。

 

 ちなみに、おじいちゃんを取材した新聞記事が残っています。

 日付が昭和45年ということで、私が昭和46年生まれの45歳なので、

 今から46年前ということになりますかな。

 

 この中で、いろいろと弊社の歴史のこと、おじいちゃんのこだわりなどが

 書かれていますので、またの機会にご紹介したいと思います。

 

 おじいちゃん720160926

 

 

 

 

 

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

アイテム

  • レーブ20170330
  • 協会総会20170329
  • はくび320170328
  • はくび220170328
  • はくび120170328
  • リフォーム220170327
  • リフォーム120170327
  • 天福220170326
  • 天福120170326
  • シャルム20170326